高機能設備が搭載された賃貸マンションの魅力

マンションとアパートの違い

女性

マンションとアパートについて知っておこう

横浜やその周辺には賃貸マンションや賃貸アパートがたくさんあります。このマンションとアパートにはどのような違いがあるのでしょうか。
法的にはこの2つにしっかりとした定義があるわけではないのです。しかし、一般的にはしっかりした建材で作られた3階以上の建物がマンションと呼ばれ、軽い建材でできた3階以下の建物がアパートと呼ばれています。

マンションの快適性

都心に行くと高層階のマンションが多く見受けられます。中には有人管理体制の物件もあり、住人にとって安心、かつ快適な暮らしが守られていると言えるでしょう。賃貸マンションの他、分譲マンションなどは発売と同時に完売する人気ぶりを見せるなど、物件として比較的マンションの方が高い人気を集めています。しかし、分譲とは違い手が伸ばしやすいのが賃貸の魅力。手軽に快適生活を手に入れるなら賃貸マンションから体験してみては。

マンションとアパートの特長を比較しよう!

マンション

鉄筋コンクリートや鉄骨鉄筋コンクリートのような丈夫な建材が使われているため、耐震性や耐火性、防音性に優れています。また、5階以上の大きなマンションにはエレベーターが設置されています。暮らしに便利な分、家賃や管理費は高くなるでしょう。

アパート

木造や鉄骨などの建材で基本的に二階以下の建物になります。木造の場合は通気性が高くなるので湿気が溜まりにくくなります。駅から近い狭い土地にも立てられるので、駅の付近で探すには便利でしょう。家賃は安いですが、セキュリティーや防音性は低くなります。

広告募集中